QLOOKアクセス解析
イメージ画像

FP相談ナビ

難しい保険は専門家に相談ができる!保険相談とは?

保険相談

保険と一口にいっても様々な保険があります。生命保険、医療保険、入院保険、ガン保険、学資保険、など、保険によって今後の人生が変わってしまうこともありますので慎重に選ぶ必要があります。


しかし、保険のシステムは複雑でどのような保険に入ればいいかわかりづらく、自分で自身に合ったよい保険を選ぶのはなかなか難しいです。そのようなときは専門家に相談するのが一番です。

>

ここでは、保険相談とはどのようなものなのかということを解説します。


①保険相談はどの種類の保険の相談ができるのか?


保険相談を行っている会社は様々の保険会社と契約をしております。契約してる保険会社が取り扱っている商材は全て相談することが可能です。


契約してる保険会社は基本的に非常に多いため、保険と名のつくものであればすべて相談できると思っていいでしょう。


一般的には、生命保険、医療保険、がん保険、学資保険などで相談されることが多いですが、火災保険、家財保険、自動車保険なども対応でき、さらにはペット保険なども相談することが可能です。


②保険相談はどんなときに利用すればいいのか?


保険相談は保険に加入したいというときであれば、どんなときでも便利に利用できます。今入っている保険を見直したい場合ももちろん、これから保険に入りたいも非常に便利です。


保険見直し、加入を検討するのはやはり人生での大きな節目であることが多いでしょう。


結婚した、子供ができた、家を買った、車を買った、仕事が安定し収入に余裕がでてきた、などの人生の節目では保険相談を利用して、一度保険について見直しや検討をすることをおすすめします。


保険相談は一つの保険に対してではなく様々な保険を複合的に見て相談検討をすることが可能です。何かの節目に自分が入っているすべての保険を見直してみるといいでしょう。


③保険相談ってどこですればいいの?


保険の加入を検討している場合はどこに相談すればいいのでしょうか? 自分で調べて保険会社に直接連絡したり、販売員に相談するのもいいのですが、それだと数多くある保険会社の比較が大変です。


近年CMでもよく流れていますが、保険相談専門の会社であれば数多くの保険会社と提携しているため、保険会社の比較も簡単に可能です。


自分で多くの保険会社の商材を調べるのはやはりそれなりの知識と時間が必要です。それであれば無料で保健相談できる窓口で専門家に相談するほうがいいでしょう。


④まとめ


保健相談は、難しい保険を一括で相談できる非常に便利なサービスです。保険は人生を変えてしまうほど重要となりますのできっちりと専門家に相談して自分に合う保険を見つけましょう。

保険相談の口コミについて知ろう

保険相談

皆さんは保険相談を利用したことがありますでしょうか。保険相談をこれから利用しようかと考えている人ならそれに対する評価というのも知っておきたいのではないでしょうか。今回はそんな保険相談に対する声、つまり口コミをいくつかご紹介していきましょう。


口コミその1「わかりやすい説明」

保険相談の口コミで一番多く寄せられていたのが話がとてもわかりやすかったという声です。保険相談の相談相手というのは主にファイナンシャルプランナーが務めます。


このファイナンシャルプランナーというのはどういう人かと言いますと、簡単に言えば保険相談の専門家のことです。初心者が保険の相談を行おうと思っても具体的にどの保険を選んだら良いのか分からないと思われます。


また、初めて保険相談を利用するのであれば専門用語など聞き慣れない言葉を耳にすることもあるでしょう。つまり、初心者が普通に保険の相談を行おうとするのはなかなか難しいものなのです。保険相談のお店というのはそのようなことを考慮して保険相談のプロを雇っています。


初めて保険相談を利用する方にも分かりやすい言葉で説明してくれます。このため保険についてあまり詳しくない人でも安心してお店を利用することができるのです。


口コミその2「気負いなく話ができた」

また、想像していたよりもずっと気楽に話をすることができたという声も挙がっています。この口コミはおそらく来店型の保険相談サービスを利用した人の声であると思われます。


保険相談のサービスというのはどこのお店でも気負いすることなく利用できるという共通点があるのですが、特に来店型のお店の場合その傾向が強いように思われます。保険相談というとどうしてもお堅いイメージを持ってしまう方というのは多いようです。


ところが、実際に保険相談を利用してみると思ってたよりもお店の雰囲気が柔らかかった、子供を連れても嫌がられることなく相談をすることができた等いくつかの好意的な意見が寄せられています。


これらの声は主に保険相談に対してあまり良いイメージを持っていなかった人たちによるものなのかもしれません。


口コミその3「専門家がいる店舗でよかった」

最後にお店を利用して良かったという声もいくつか寄せられています。自分に合った保険を一人で探すのはなかなか難しいものです。


そんな時に専門家に相談をしたことで自分にピッタリな保険を見つけることができたという人は多いようです。保険相談に対する感謝の声というのがネット上などでいくつも寄せられています。


以上が保険相談に対するインターネット上での主な口コミとなりますみなさんも保険相談を利用する際はあらかじめ保険相談の口コミについて知っておくようにしてください。


保険相談で相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーとは?

保険相談

保険相談のサービスを利用した場合、ファイナンシャルプランナーという資格をもっている相談員が相談に乗ってくれることがほとんどです。


ファイナンシャルプランナーという言葉自体は聞いたことがある方が多いかと思いますが、実際ファイナンシャルプランナーとはどういう資格なのでしょうか?


①ファイナンシャルプランナーってどういう人なの?


ファイナンシャルプランナーは、保険だけではなく収入や資産、家族や家などの状況を踏まえて人生計画についてアドバイスをくれる資格をもった職業の方々を言います。


人生計画というと難しく感じますが、ようは資産についての総合的な相談に乗ってくれるということです。


ファイナンシャルプランナーに相談できる内容で一番多いのが、やはり保険の見直しが多いですが、他にも住宅購入、教育費、日々の生活費など相談もすることができますし、不動産、株、外貨などの投資についての相談も可能です。


生活に関する支出や資産運用のプロということです。


②ファイナンシャルプランナーには種類がある!

ファイナンシャルプランナーの資格には種類があります。まず、大きく分けて国家資格のFP技能士という資格と民間資格のAFPとCFPという資格があります。


国家資格のFP技能士には1級から3級まであり、級によって取得の難易度が変わります。実務に必要とされるのは2級以上となります。ファイナンシャルプランナーを目指すときには、まず国家資格であるFP技能士の2級取得を目指すとよいとされています。


民間資格のAFPとCFPは、ファイナンシャルプランナーズ協会と金融財政事情研究会という2団体が試験を運営しており、AFPよりもCFPの方が難易度が高いです。


資格取得の難易度ですが、FP技能士の1級に関しては非常に難関の資格で実務経験も必要となります。合格率は1割程度です。


CFPに関しても難易度が高いため、1級やCFP、もしくは両方とも持っているファイナンシャルプランナーの方は非常に知識があると考えていいでしょう。


③まとめ


ファイナンシャルプランナーはしっかりと勉強をしなければならない資格であるため、その資格を持っているというだけである程度の信用ができるでしょう。


保険相談は自分の状況など、かなり深いところまで相談員に話をしなければならないことになります。そのため保健相談をする際には、自分に合った相談員を選ばなければなりません。


その一つの目安としてどのような資格を持っているかということも参考すればより信用ができる人が見つかるかもしれません。保険の見直しはファイナンシャルプランナーのもっとも得意とする相談の一つです。そのため安心して相談しましょう。

訪問型保険相談サービスとは何か

保険相談

保険相談にもいくつかの種類があります。その一つが訪問型の保険相談サービスです。この訪問型保険相談サービスとは一体どのようなものなのか、詳しく説明していきましょう。


訪問型保険相談サービスとはどんなものか

訪問型保険相談サービスとはその名のとおり向こう側から自宅の方に来てくれる保険相談サービスとなっております。この訪問型の保険相談サービスにはいくつかのメリットがあります。


まず一つはわざわざ自分からお店に寄らなくても良いという点です。本来の保険相談ですと自分からお店の方に行くという場合が多いです。


自分からお店に行く必要があるというのは場合によっては大変不便だと言えます。例えば、お店が近くにないといった場合にパソコンなどで場所を検索しておかなければなりません。


また、その場合遠くの場所にわざわざ行かなければならないということにもなるでしょう。訪問型の保険相談サービスは前述したように向こうの方から自宅の方に来てくれることになります。


このためお店に足を運ぶ手間というのが省けます。また、お店が近くにないという場合でもわざわざ遠出をする必要というのもなくなります。お店が近くにない人にはぜひおすすめしたいサービスです。


メリット2:子どもがいても大丈夫

二つ目は小さいお子さんがいても安心であるという点です。子供が小さいと外出する際に何か問題を起こす可能性というのもあるでしょう。


特に保険相談のような大事な話し合いをする際に問題を起こされると相談者本人だけでなくお店側にも迷惑をかけることになります。訪問型の保険相談サービスなら自宅で話し合いを行うので何か騒ぎなどを起こしてもリスクを最小限に抑えることができます。


小さいお子さん、特にやんちゃなお子さんをお持ちの方であれば訪問型保険相談サービスを利用するのが一番おすすめです。


メリット3:相談のプロが対応してくれる

そして三つ目は保険に詳しい専門家が相談にのってくれるという点です。本来の保険相談でも専門家が相談にのってくれることに変わりありません。


しかし、訪問型の保険相談サービスの方がより保険に詳しい専門家を派遣してくれることが多いようです。詳しい理由はわかりませんが、訪問型保険相談サービスの方が本来の保険相談サービスよりもファイナンシャルプランナーの質が高いのかもしれません。


保険についてより高度な話し合いをしたいという場合は普通の保険相談よりも訪問型の保険相談サービスを利用するようにしましょう。


訪問型保険相談サービスにはさまざまなメリットがあるということがお分かりいただけたでしょう。訪問型の保険相談サービスの方が良いと思ったらぜひ一度利用してみてください。きっとサービスの質の良さにご満足いただけるはずです。


保険相談のひとつ・店舗型保険相談サービスとは

保険相談

保険相談の中でも一番多いとされているのが店舗型の保険相談サービスです。この店舗型保険相談サービスとは具体的にどのようなものなのか、今回は詳しくご説明していきます。


店舗型保険相談サービスの利点1:近くにある

店舗型の保険相談サービスとは簡単に言えば自分からお店に向かうスタイルの保険相談サービスのことです。一般的な保険相談ということもあり、店舗型保険相談サービスにはいくつかのメリットがあります。


まずはじめに身近にあるという点です。店舗型の保険相談というのは全国にいくつも展開しているということも多いです。近くにお店があるというのはそれだけでとても便利であると言えます。


例えば、行きたいお店が近くになかったり、自分の住んでいる地域になければ他県に行かなければならないなどの手間がかかることになります。


その点店舗型の保険相談サービスというのは前述したように身近に置かれていることが多いです。わざわざ遠出をするということがないので安心して利用することができる、これはとても大きなメリットであると言えるでしょう。


店舗型保険相談サービスの利点2:訪ねやすい

もう一つは誰でも気軽に訪れることができるという点です。保険相談というのはその名のとおり自分が加入する保険などについて話し合いを行うことであります。


保険という言葉に対して重いイメージを抱いている方が多いのか、保険相談に対してマイナスのイメージを持っているという人も少なくないようです。


確かに加入する保険について話し合いをするのはとても大事なことですから、軽はずみな気持ちで行えることでないことは間違いありません。


しかし、そこまで重いイメージで話し合いを行うわけではないことも確かだと言えます。店舗型保険相談サービスというのは既に述べましたようにたくさんの場所に展開しています。


たくさん展開してあるというのはそれだけ多くの方々に気軽に訪れてもらいたいという願いがあるからです。買い物をした後に訪れるのも良いでしょう、お子さんを連れてお店に行くのも良いでしょう。


あまり気負いせずに相談を行えるのが店舗型保険相談サービスの利点なのであります。


店舗型保険相談サービスの他にもサービスはある

店舗型保険相談サービスとは対をなす訪問型保険相談サービスというのもあります。こちらは店舗型とは逆に専門家の方から自宅の方に来てくれるサービスのことです。


自分からお店に訪れる必要がないというメリットがあるのですが、店舗型と比較すると質の高いやや難しい話をするということも多いようです。


前述したように店舗型保険相談サービスは気軽に利用できるというメリットがあります。このため初めて保険相談を行うというのであれば初心者にもおすすめな店舗型の保険相談サービスを利用するようにしましょう。


非常に便利な保険相談にもデメリットがある!保健相談のデメリットとは?

保険相談

無料である、窓口が多い、多くの保険会社の商材を比較できるなどのメリットがあり、非常に便利な保険相談ではありますが、やはり多少なりともデメリットがあります。


ここでは、保険相談のデメリットや注意点を紹介します。


①自分のパーソナルな部分についても伝えなければ適切なアドバイスはもらえない


保険相談で適切なアドバイスをもらい自分に合った保険を見つけるためには、家族構成、収入、支出、将来の展望などかなりパーソナルな部分についても相談員に伝える必要があります。


人によっては自分のパーソナル部分を相手に伝えることに抵抗があるかもしれません。


もちろん、伝えたくないことであれば伝えなくてもいいのですが、適切な保険は状況によってかなり変わりますので、できれば細かな部分も相談員の方に知ってもらった方がよいアドバイスをもらえるでしょう。


②良い相談員に出会えるかどうかがわからない


保険相談をする際には、状況によって自分のパーソナルな部分も話さなければならなかったり、複雑な話になってしまうことがありますので、良い相談員に出会うことが非常に重要になってきます。


もちろん、相談員の方の人間ですので、知識にばらつきがあったり、人柄も様々です。自分に合う相談員の方と出会えれば、信用もできますし、相談もしやすいでしょう。


しかし、もし知識が至らなかったり、人として合わない、信用できないと思ってしまう相談員だった場合は有益な話もできませんし相談する気自体もなくなってしまいます。


場所によっては相談員を代えてもらうこともできるようですが、やはり自分に合った相談員の方が来てくれるかはわかりません。保険相談はよくも悪くも相談員の方次第ということになってしまうのです。


③利率が高い保険を勧められてしまう可能性がある


保険相談は無料ではありますが、慈善事業やボランティアではなく利益が出るからこそサービスが提供できます。契約が結ばれると、保険会社から契約料がもらえるのですが、実はこの契約料は一律ではないことが多いのです。


保険会社にとって利益が多く出る保険の契約をとってもらえれば、契約料を多少多く支払ったとしても十分に利益はできます。そのため、保険相談の会社も利益が多く出る保険をすすめてくる可能性があるのです。


自分が望んでいる以上の保険を強く勧められる場合などは注意が必要です。


④まとめ


以上が保険相談のデメリットと注意点になります。この部分さえ注意をすれば保険相談は基本的に非常に便利なサービスではあります。以上のことをしっかりと覚えておき該当するようであれば注意しましょう。

保険相談のメリットは?保険会社の営業とどう違うの?

保険相談

保険相談は、各保険会社の営業の人に相談するのと比べて様々なメリットがあります。ここでは保険相談のメリットについてお話しします。


①提携保険会社の商材を比べて選ぶことができる


各保険会社の営業に相談した場合は、もちろん自社の保険に対してのみの話になってしまいます。しかし、保険相談の場合、提携している保険会社は非常に多くあり、様々は保険会社を比較してどの保険に入るか選ぶことができるのです。


相談員の方も取り扱っている商材が多いため知識も豊富です。自分自身で様々なサービスを調べたり、実際に何個も店舗を回ることがなく、一括で相談できることが保険相談の一番のメリットでしょう。


生命保険、医療保険、学資保険、自動車保険、ペット保険など保険の種類自体も豊富で同じ保険会社に統一する必要もなく、総合的な判断で保険を選ぶことができます。


②より自分の状況にあった保険を選ぶことができる


相談員はファイナンシャルプランナーの資格を持っていることが多いです。ファイナンシャルプランナーは、生活においての支出や資産運用の専門家です。


そのため、通常の保険会社の営業の方に比べて相談される人の状況に合わせた保険を選ぶ判断ができます。家族構成、収入、家、生活費、などの状況を踏まえて判断します。


収入や支出について専門家に相談をする機会はなかなかありませんので、保険相談を機に自分の状況を整理しましょう。


③窓口が多く相談しやすい


保険相談のサービスを行っている窓口は非常に多く、保険会社の窓口に行くよりも近くにある可能性が高いです。保険相談は、自分に合った親切な相談員の方と対応した方が間違いなく良いです。


そんな中、電話のみでの相談だとなかなか相手の人柄がわからなかったり伝わりにくい部分などもあります。自宅に来てくれるというサービスもありますが、自宅に呼ぶのは抵抗があるという場合も多いかと思います。


そんな場合、窓口が自宅の近くにあれば気軽に相談できますので非常に便利です。気に入った担当者の人がいればその担当者がいるときに行けばいいだけですので、窓口が多いことは非常にメリットとなります。


④相談料は無料のため何度でも気軽に相談できる


保険相談は基本的に無料であるため、実際に保険に加入するまでは料金がかかりません。そのため、気に入った保険が見つからなかった場合は契約する必要もないですし、また日をあらためて相談することももちろん可能です。


無料であるために焦って契約する必要がありませんので時間をかけることができます。前項の窓口が多いということと相談料が無料であるということが保険相談が気軽にできておすすめできる大きな要素です。

保険相談サービスの選び方 ~ライフ・スタイルに合った保険を選ぶために~

街のあちこちで「保険相談サービス・ショップ」を見かけることが多くなりましたが、みなさんは、どのような点を重視してサービス会社を選んでいますか?


出来れば、より効率的にライフ・スタイルに合った保険を選びたいものです。そこで、保険相談サービスの選び方として欠かせないポイントについて考えてみたいと思います。


まずは、現在支持率の高い保険相談サービス・ショップにはどういうお店があるのかご紹介しておきたいと思います。


☆1位 「保険マンモス」

☆2位 「ほけんの窓口」

☆3位 「保険見直し本舗」


これら支持率の高いショップの特徴を参考にしながら、お店選びのポイントについて探ってみたいと思います。


◇取り扱っている保険商品が多い

取り扱っている保険商品の数が少ないと、選択肢が少なくなってしまいます。わざわざ予約をしてショップに出かけたのに、自分のライフ・スタイルや予算にマッチする商品がなかったということは避けたいものです。


保険相談サービス・ショップとして人気の高い3社では、30社以上の保険商品を取り扱っていますので、一つの目安とされてもよいのではないでしょうか?


◇専門知識を持ったアドバイザーがいる

保険料は固定支出になりますので、家計全体の収支バランスを考えた上で、決めることが大切なポイントになります。そのため、家計全体の収支バランスという視点で的確なアドヴァイスが出来るファイナンシャル・プランナーの存在を欠かすことは出来ません。


◇気軽に断ることが出来る

勧められた保険が、自分が考えていた内容にピッタリでない場合もあるかも知れません。そんなときには、気軽に断ることが出来るかどうかは、とても大切なポイントです。


無料相談を受ける前に、無理な保険の押し売りの防止策を行っているかどうか確認されておくことをお勧めします。


◇気軽に担当者を変更してもらえる

相談をしていて、話がかみ合わなかったり、補償内容によってはデリケートな面もあったりして、担当者を変更してもらいたいと思うこともありそうです。そんな状況になったときに、気軽に担当者の変更に対応してもらえるかどうかも重要なポイントになります。


◇個人情報保護に対する的確な取り組みを行っている

保険の設計や見直しをする際に、個人情報は欠かせませんが、適正な取り扱いが行われているかどうか、確認することも大切です。


年齢や家族構成等が記載された書類が、テーブルの上に無造作に置かれていたり、相談場所が個別のブースになっていなかったりするようなショップは、個人情報が大切に扱われているとは言えません。


自分のライフ・スタイルにピッタリな保険を探すためには、収入や既往歴等と言った、とても私的な情報が不可欠な場合もあります。安心して、様々な情報を提供するためには、個人情報が大切に扱われている環境であることが大切になります。


◇まとめ

自分自身でたくさんの保険商品情報を集めて選択するのは、時間も手間も大変なものです。そんな情報収集から候補商品の選択まで、あなたに代わってファイナンシャル・プランナーが行ってくれる、とても便利な保険相談サービス・ショップ。


更に、家計全体の見直し等のサービスを提供しているショップも増えているのも、嬉しいところです。


近くにショップがない場合も、お住まいの地域によっては、訪問相談サービスを受けられる場合もあります。ショップ型、訪問型どちらの場合も、相談サービスは無料です。ぜひ、一度、お気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

無料のサービスなのになんで運営できるの?なぜ保険相談は無料なのか?

保険相談

保険相談は、基本的に相談者にとって無料のサービスです。 しかし、保険相談のサービスも慈善事業やボランティアではありませんので、相談員の方の人件費もかかりますし、店舗を構えている場合はテナント料などもかかります。


では、保険相談のサービスを行っている会社はどのように会社を維持しているのでしょうか?


タダより高いものはないとも言いますのでただ単に無料サービスということだけでは何か疑いたくなったしまいます。安心して保険相談サービスを利用できるよう、なぜ保険相談は無料なのかを解説します。


①保険の契約が成立したときに契約料や手数料をもらえる


相談者が、保険相談を利用して保険に加入した場合、保険相談会社は保険会社から契約料や手数料という料金をもらうことができます。契約料や手数料などの、保険相談会社が得られる金額は、契約が成立した保険の種類によって変わります。


例えば、学資保険などは保険会社にとって利益率があまりよくないため、契約料や手数料もそれほど多くありませんが、終身保険や生命保険などは、保険会社も十分な利益を得ることができる保険であるため、契約料や手数料も大きくなっていくのです。


②契約料や手数料は相談員に払われる場合もある


前項では、契約料や手数料は保険会社から保険相談会社に支払われるという話をしましたが、保険会社から相談員に契約料や手数料が支払われる場合もあります。


特に無店舗型のときに多いのですが、保険相談会社は保険会社と相談員の仲介と広告をして、相談員からの広告手数料や仲介手数料などの形で利益を出している場合もあります。


いずれにしろ、保険相談会社は保険会社からの契約料や手数料で利益を出しているので相談者からは利用料をもらわないのです。


③保険って契約料を支払えるくらい利益が出てるの?


保険相談会社は保険会社からの契約料や手数料で利益が出ていることはわかりましたが、逆に言えば「保険相談会社は相談料を無料にしても問題なく利益が出るほど契約料がもらえるのか?」「保険会社って契約料を払ってもいいくらいもうかってるのか?」という疑問が出てきます。


保険相談会社が保険会社からの契約料や手数料で運営ができない場合は会社がつぶれてしまいますし、そもそもそのようなもうからない事業にだれも手を出しません。


保険会社にしても、保険相談会社に契約料を支払ったら利益がなくなってしまう、ということでは意味がありませんので、双方利益は十分に出ています。


ただし、先ほども少し話に出てきましたが、保険の種類によってどの程度の利益が出るかという違いはありますが、基本的に保険は一度契約すると非常に数年単位、または数十年単位で保険料を支払ってもらえます。


月の支払いで見るとそれほど大きくありませんが、一度契約した後最終的にどれだけの支払いがあるかを考えてみると保険がいかに利益がでるかはわかると思います。


以上の理由から保険相談は無料でサービスを提供できるのです。


保険相談の手順について

  1. 1.まずは、公式サイトへ行く

    例えばこちらの公式サイト⇒保険マンモス

  2. 2.入力フォームに必要事項を記入する。

  3. 3.後日、保険マンモスから電話があり、相談の日程を調節します。

  4. 4.予約のあった日に、担当FPが指定した場所へ訪問されます。

保険マンモス

イメージ画像

イメージ画像

どこかの保険会社の商品を強くすすめられるのではなく、契約することのできる選択肢の中から一番よいものを紹介してもらうためには、保険相談の担当者が中立的でなければなりません。


どこかの保険会社と提携している人は、自然とその保険会社の商品へと誘導していってしまいます。かといって、独立系のファイナンシャルプランナーに相談しようと思うと相談料が発生します。そこに保険マンモスの強みがあります。


保険マンモスメリット・デメリットを考えるときに、確実なメリットとして言えるのは、「中立的なアドバイス」をもらえるという点です。


自分の状況で最適と思われるものを紹介してくれるのですが、1社にこだわることなく同じ条件で保険料が安く設定されている会社を選ぶことができます。


しかも保険マンモスから派遣してもらえるファイナンシャルプランナーはみな経験豊富です。デメリットとして考えられているのは、いまの時代に直接面談にこだわっている点です。


メールや電話で済ませたい人も多いかもしれませんが、的確な判断と対応をするために面会による保険相談をすすめています。


わざわざ日時と場所を指定しての面談に乗る気になれない人もあるかもしれませんが、後になって「良い決定ができた」と感じるためには、やはり対面での保険相談がベストと言えます。


万が一対面相談で嫌な思いをした場合には、保険マンモス側に伝えることができますので安心です。

口コミが気になる方はこちら!保険マンモス口コミ・評判へ

保険見直し本舗

イメージ画像

イメージ画像

「たくさんある保険相談のためのお店で、いったいどこを選んだらいいかな」と悩むのはみな同じです。


あまり悩み過ぎていると保険見直しの最適なタイミングを逃してしまうので、少し考えた後は思い切って行動しなければなりません。単純に考えると、保険相談のためには来店型か訪問型か選ぶことになります。


保険見直し本舗は基本的には来店型ショップとして相談者を待つスタイルですが、希望に応じて訪問してもらえる点が便利です。ショップについてはすべてのお店が直営店なので安心です。


フランチャイズ形式ですと、お店によってスタッフの質や方針が異なっていることもあるのですが、直営店ばかりなら均一のサービスが提供されます。


保険見直し本舗メリット・デメリットを見ていく限り、大きなデメリットはないように思えます。


実際に保険相談をした人の事後アンケートでは、「なんとなく嫌な感じがした」など否定的なコメントもあるのですが、それぞれの感じ方によるところもありますし、店舗としてはしつこい勧誘行為を禁止しています。


また人によって意見が分かれるところですが、保険見直し本舗ではアフターフォローにも力を入れています。保険を見直してもらって終わりではなく、その後の家計運営や保障の面でも、引き続き寄り添う姿勢を見せてくれます。


無料でも手厚いサポートを希望する人におすすめです。

口コミが気になる方はこちら!保険見直し本舗口コミ・評判へ

みんなの生命保険アドバイザー

イメージ画像

イメージ画像

保険相談を有料で専門のファイナンシャルプランナーにしようと思うといくらかかると思いますか?


相談しようと思ったこともない方ならわからないと思いますが、だいたい1時間当たり1万円くらいの相談料が必要になります。ただし保険相談の内容によっては、それくらいの費用をかける価値は十分にあります。


そんな専門家による保険相談を、「みんなの生命保険アドバイザー」なら無料ですることができます。しかも何らかの条件付きではなく、相談した結果「保険契約はしません!」と答えても何の問題もありません。


みんなの生命保険アドバイザーメリット・デメリットとしてもう少しメリットをあげると、なんと約20社の保険商品を扱っており、いざ乗り換えや新規契約をしようと思ったら、その20社の中から選ぶことができるのです。


すでに加入してからかなりの年月が経過している保険は特に、この機会に見直すことで保険料が安くなる可能性があります。


デメリットとしては、全国展開しているわけではないことと、専門家によっては申し込んでから実際に相談できるまでに時間がかかる場合があることです。


「とにかくいますぐ相談したい」という場合は別の選択肢になると思いますが、じっくりと保険について相談したいならみんなの生命保険アドバイザーは選んでみたいサービスです。


口コミが気になる方はこちら!みんなの生命保険アドバイザー口コミ・評判へ

生命保険ドットコム

イメージ画像

人生における大きな買い物として最初に浮かぶのは「住宅」だと思います。


キャッシュで買うわけではなくローンを組むと、毎月の収入に対する出費の中でも住宅ローンへ充当する分が大きなウェートを占めることになります。


生命保険に加入する場合、生涯中に支払う保険料はその次に大きな金額になるという意味で「2番目に大きな買い物」になる可能性があります。


そんな生命保険に特化して相談できるのが「生命保険どっとコム」です。すでに生命保険に加入している場合には見直しを、これから加入する場合には後悔のない商品選びをサポートしてくれます。


生命保険どっとコムメリット・デメリットを理解しておきましょう。運営スタイルとしては、駅やショッピングセンターにショップを構えているというわけではなく、ウェブから申し込むとファイナンシャルプランナーを紹介してくれるというシステムです。


お金のプロを紹介してもらうと言っても、無料なので安心してください。希望の地域と相談内容から最適と思われるファイナンシャルプランナーを派遣してくれます。


メリットとしては、有料の相談をしなくても無料で相談できること、自分で直接頼んで相談するわけではないので、気楽であることです。


デメリットは、派遣されるファイナンシャルプランナーによっては、生命保険以外にはそれほど詳しくないかもしれず、総合的に相談できないことです。この機会に生命保険を見直してみませんか?


口コミが気になる方はこちら!生命保険ドットコム口コミ・評判へ

ほけんのFP

イメージ画像

真剣に保険相談がしたいなら、無料相談ではなくてFPへの有料相談がおすすめというのは本当でしょうか?


実は有料相談にも劣らないサービスを無料で展開しているのが「ほけんのFP」なんです。


ほけんのFPは、深い専門知識を持っており、保険相談の分野でも十分の経験を備えているFPと相談したい人をマッチングしてくれるサービスです。


相談のための場所が用意されているわけではなく、希望の日時と希望の場所において保険相談ができます。自宅に招かないといけないわけではないので、好きな場所を指定できるのがメリットです。


相談できる保険の種類も生命保険に限定されていません。せっかくの機会なので、保険と名の付くものを一括して見直すことができます。


ほけんのFPメリット・デメリットですが、面談は何度でも無料ですから、メリットとしてはじっくり考えることができること、デメリットとしては何回も面談を重ねるためには時間が必要になることです。


ただし今後の人生や家計に大きな影響を与える可能性がある決定ですから、十分に時間をかける意味があります。余程ないと思いますが、紹介してもらったFPから強引な勧誘を受けた場合には、すぐにほけんのFPへ連絡を入れることで対処してもらえます。


気軽な立場で相談できる、しかも無料なので活用しないのはもったいないです。


口コミが気になる方はこちら!ほけんのFP口コミ・評判へ

ほけんの窓口

イメージ画像

保険について気軽に相談できる時代になりました。しかも無料で相談できる機会が広がっています。


特に「ほけんの窓口」は、利便性の高いところに相談窓口を設けていますので、仕事の帰りや買い物のついで、休みの日のショッピングモールでといった具合に、空いた時間を使ってすぐに保険相談ができます。


ただし「みんなが相談したい」と思う時間帯や場所には相談者が多くなる傾向がありますので、事前に予約をしていくことをおすすめします。


ほけんの窓口メリット・デメリットをわざわざ比較して行くかどうか決めるというより、保険の見直しや相談自体に価値があることは間違いないので、あとは「どこで相談するか」という問題だけです。


ほけんの窓口のデメリットとして、「担当者の質が一定ではない」とか、「明らかに他社のFPの方が経験を持っており、説明がわかりやすい」という声もあります。


ほけんの窓口を選ぶとしたら、来店型なので気楽に申し込んで話せる点がメリットです。FP派遣してくれる保険マンモスなどでは、基本的に自宅かカフェなどで待ち合わせて対面相談という形になります。


自分から出向く方が気楽だと感じる方にはほけんの窓口が便利です。相談に行ったからといってその場で何かを決定しないといけないわけではありません。


まずは保険について考えるきっかけ作りとしても役に立ちます。

口コミが気になる方はこちら!ほけんの窓口口コミ・評判へ

保険相談をする前の注意点 ~ミス・マッチを避ける方法~

せっかく、保険相談サービスに行ったのに、自分が必要としているものとは違う保険を紹介されてガッカリしたことはありませんか?


アドバイザーに自分の希望を伝えたつもりなのに、上手く伝わらなくてイライラ…どうして、こんなミス・マッチが起こってしまうのでしょうか?


保険相談に行く前に、どんな点を注意していれば、ミス・マッチを最小限に抑えることが出来るのか、保険相談をする前の注意点について考えてみたいと思います。


◇現在必要な補償と将来必要な補償は異なる

ライフ・スタイルの変化に伴って、現在必要としている補償と将来必要になる補償が違ってくる場合があります。家族構成が変われば、必要な補償対象も変わりますし、必要な補償金額も変わって来ます。


独身の場合と、扶養家族がいる場合では、生活費用が違って来ます。そのため、ライフ・スタイルの変化による保険の見直しを前提とした保険選びが重要なポイントになります。


◇保険の位置づけを明確にしておく

保険を資産運用の一部として位置づけるか、最低限の補償(掛け捨て保険)として位置づけるかで加入する保険は決まってきます。


最初は資産運用の一部としての保険に加入していたけれども、途中で解約することになった場合、元本割れを起こしてしまうこともありますので、注意が必要です。


◇必要・不要な補償内容を洗い出す

病気やケガで働けなくなったとしたら、不安で保険に加入している方は多いのではないでしょうか?中には、不安な気持ちが強すぎて、同じような保険に幾つも加入して、毎月の保険料が多額になってしまっている場合も…


健康保険の加入者であれば、病気やケガで入院している場合は、期限付きで、ある程度収入が補てんされる傷病手当金が支給されますし、この補てん金額は全て非課税です。この点も考慮して、保険を見直すことは大切です。


また、同じような補償内容の保険に加入している場合は、加入している全ての保険で調整の上、支払われる場合もあります。これらの点を踏まえて、相談することが必要です。


◇現在加入している保険内容を確認しておく

保険の見直しを考えている場合は、現在加入している保険内容について、確認しておく必要があります。


保険料と補償内容について、再度確認して置かないと、保険料の節約に焦点を合わせ過ぎて、補償内容が大幅に下がってしまって、こんなハズでは…と後悔することのないようにしたいものです。


◇優先順位を決めておく

補償内容の優先順位を決めておきましょう。保険料の違いによって補償内容に差が出て来ますので、どの程度の補償を必要とするのか決めておけば、選択をスムーズに行うことが出来ます。


例えば、入院保障保険の場合は、対象とする治療方法や病気、対象期間などを予め決めておけば、保険選びがスムーズになります。また、保険料と補償内容では、どちらを優先するか、決めておくことをお勧めします。


◇まとめ

保険相談サービスを受ける前に、ある程度の方向性を決めておけば、自分にとって必要な情報やサービスが明確になるのではないでしょうか?


保険相談サービスによるミス・マッチを少なくするために、今回ご紹介したチェック・ポイントを参考にしてみて下さい。


保険相談ランキング

このページの先頭へ