QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険相談は1度だけで
有料と思ってませんか?

車両保険を付けるかどうかという選択

最適な保障は自分で決めるもの

自分にとって最適な保障内容がわかるような診断ソフトがあれば苦労はいらないと思ってしまう時があるほど、自動車保険をちょうど良い状態にしておくことは簡単ではありません。


最適な状態がどのような状態か決めるのは自分です。 最近ではインターネットなどを媒介として、とにかく保険料を1円でも安くすることに意義を感じる方も少なくないようですが、本来の保険の目的から考えるときに、自動車保険の場合は強制保険である自賠責保険ではカバーされない部分に対してしっかりと上乗せをする必要があるので、保険料が安ければその分だけお得というわけではありません。


不要な部分にはお金をかけずに、自動車保険の保障分厚くする必要があると思える部分には必要なだけ加えることによって、最終的に最適な状態へと漕ぎ付けることができます。


車両保険が必要な場合とそうではない場合

自動車保険において迷うことになるポイントの中でも最大と言えるのが「車両保険」を付けるかどうかという点です。 車両保険を付けなければ、交通事故によって自分に過失がある場合の割合に関しては一切の保障がありませんので、自己負担での修理となります。


事故の程度によっては金額も大きくなります。 その一方で、車両保険を付けることで保険料は一気にアップします。 それだけの保険料アップを目の前にすると、「なんだかもったいない気がする」と思ってしまうのも無理はありません。


自分の場合に車両保険が必要かどうかは、現在の愛車の年式や実際の価値なども大きく関係してきます。 年数が経過していて、下取りに出しても査定があまり付かないような状態であれば、万が一交通事故で破損してしまった場合は廃車にするという選択肢もあります。


それが買ったばかりの新車となると、事故によって処分してしまうという発想はないはずですので、相応の車両保険を付けておくことで、毎月の保険料が上がってもリスクに対してしっかりと保障を付けているという安心を買えるかもしれません。


自動車保険に関しては、いちど選択したら生涯そのままというわけではありませんので、気付いた点がある場合はその都度見直しをするようにしてください。

保険相談ランキング

このページの先頭へ