QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険相談は1度だけで
有料と思ってませんか?

家計を圧迫する保険料……なるべく低く抑えたい

毎月の保険料を給料の中からコツコツ払い続けるのは大変です。子供のいる家庭では万が一のときのことを考えてちょっと高めの保険に入る場合も多いので、保険料が家計を圧迫して毎月赤字ギリギリという場合が少なくないし、逆に独身の人は病気で働けなくなると収入を得る道が断たれるので、やはり入院費や手術代・生活費が賄える高額の保険に加入しているという人が多いでしょう。


確かに、保険は入っておくに越したことはありません。しかし、いつ訪れるか分からない日のために毎月の生活費や趣味にかけるお金を削ってしまっては、一体なんのために生きているのか分からなくなってしまいます。


保険料を低く抑えるコツは、自分にとって本当に必要な保障を見極めること。保険会社は少しでも高い掛け金を払ってほしいので言葉巧みに不安を煽りますが、後になって見直してみると無駄な保障が付いていると気づくことが多いのです。


たとえば、独身の人は扶養家族がいないので、自分が亡くなった後にお金を残す必要はありません。ですから、その分の保障をカットして掛け捨てにしてしまえば、毎月の保険料はかなり安く抑えられるはずです。


また、自動車保険については「走った分だけ保険料を支払う」という形の商品が人気を集めています。普段あまり車に乗らない人は、こうした保険への変更を検討してみてもいいのではないでしょうか?


もちろん、安かろう悪かろうでは意味がないので、ロードサービスや万が一の場合の対応などについては事前にしっかりチェックしてください。


そして、保険料についてのからくりを知ることも大切です。 新築の家は人件費や宣伝広告費が上乗せされて値段が高くなりますが、保険料にもこれと同じように人件費その他が含まれています。


これを「付加保険料」と呼び、実際に保険として使われる「純保険料」に手数料という形で上乗せされ、その金額は保険会社によって違うのです。


ですから、同じような保障内容であれば、なぜ保険料に差があるのかをよく調べ、少しでも付加保険料が安いほうを選んだほうがお得です。


また、ネット生保を選ぶ方法もあります。勧誘員を通す場合は勧誘員が手続きをすべて代行してくれるので楽なのですが、その分保険料は高くなります。


ネット生保の場合はすべて自分一人で手続きをするので少し面倒ですが、余分な人件費がカットできて、その分の手数料を抑えることができるのです。

保険相談ランキング

このページの先頭へ