QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険相談は1度だけで
有料と思ってませんか?

高いプランばかり勧める保険担当者への対応の仕方

当たり前のことですが、保険会社は掛け金の高い保険に入ってもらったほうが儲かるので、あの手この手で高いプランを勧めようとしてきます。


こちらがあまり保険に詳しくないのをいいことに「これぐらいの手厚い保障がないと、いざという時大変ですよ!」などと煽られるので不安になり、言われるがまま高いプランを契約してしまったという人も多いのではないでしょうか?


こうなると、契約にこぎつけた保険担当者側はほくほくですが、納得のいく説明もなく、押し切られるような形で契約させられた利用者側には釈然としない思いが残ってしまいます。そして、自分の命に関わる大事な事だというのに、保険担当者が信用できないという事態に陥ってしまうのです。


その場の雰囲気によっては難しいかもしれませんが、明らかに予算オーバーの保険を勧められたら「ちょっと考えてみます」と言っていったん保留にしましょう。


そして、保険について自分なりに勉強し、勧められた保険の保障内容が自分に必要ないと思えば、きっぱり断る勇気も必要です。


保険担当者は言葉巧みに考え直すよう説得するでしょうが、それはあくまでも自分の売上を伸ばすためであり、お客の身を案じているわけではありません。


本当に親身になってくれる保険担当者というのは、こちらが支払えるだけの金額も考慮して、その範囲内で入れるプランを練ってくれるもの。「少し高いですが、無理してでも加入しておいたほうがいいですよ」などという人は、お客の顔が札束に見えており、全く心がこもっていません。


もし、断ってもしつこくされる時は、保険会社に苦情を言って担当者を変えてもらいましょう。会社側もイメージが悪くなることを恐れるので、すぐに別の担当者を紹介してくれるはずです。


また、保険の契約をする時は、できれば保険に詳しい第三者に同行してもらうことをおすすめします。すぐ側に詳しい人がいれば保険担当者もいい加減なことは言えませんし、矛盾点があれば即指摘することができるので、無理に高い保険を勧められる事態にはならないでしょう。


そういった知り合いがいない場合は、自分一人で担当者に会わず、家族に同席してもらうだけでも抑止力になります。

保険相談ランキング

このページの先頭へ