QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険相談は1度だけで
有料と思ってませんか?

保険相談をしたいけど、どうすればいいか分からない

保険は、身近なようで実はよく分からないものです。似たような保障内容の商品がたくさんあるし、保険金が支払われる条件も細かく設定されていて、一体自分にはどの保険が合っているんだろう……と頭を抱えてしまいます。


興味のある会社や商品を選んで資料請求しても、やっぱりよく分からなくて、結局、一番無難そうな商品を契約したという人も多いのではないでしょうか?


保険選びに迷ったら、その道のプロの力を借りるのが正解です。「でも、相談料が高いんでしょ?」と心配になるかもしれませんが、たいていの場合、相談は無料なので安心してください。


一番簡単なのは、ネットで「保険 無料相談」と検索すると出てくる、保険相談の受け付けを代行する会社を利用することです。たくさんの保険会社の中から自由に選択することができ、都合の良い日時にFP(ファイナンシャル・プランナー)が無料で面談をしてくれます。


他には、メールで保険会社の担当者に相談したり、銀行や郵便局の窓口に行って相談したりする方法もありますが、この場合は相手が限定されてしまうので、いろいろな保険商品を比較検討したいという人には不向きです。


一度詳しい説明を受けたら、いったん返事は保留にして、後日連絡しますという風にしたほうが良いでしょう。 もちろん、入りたい保険が決まっていて、その詳しい内容について質問したいという場合は、この方法が一番無駄がありません。


また、いわゆる「生保レディ」と呼ばれる勧誘員が、あちらからやってくる場合もあります。多くの場合、ある日突然玄関先に現れ、にこやかに保険の説明を始めるのですが、彼女たちには厳しいノルマがあり、また、契約件数や客単価に応じて収入が上がっていくので、本当は必要のない保障が付いた高いプランを勧められることが少なくありません。


気の弱い人なら、強引に押しきられて高いプランを契約してしまう可能性もあるので、安易にドアを開けず「こちらで検討しますので、資料だけ置いていってください」といったん断ったほうが良いでしょう。


もちろん、この場合も、その保険会社の商品に興味があれば話を聞いてみても良いのですが、できれば自分一人ではなく、家族が同席できる日に来てもらったほうが安心です。

保険相談ランキング

このページの先頭へ