QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険相談は1度だけで
有料と思ってませんか?

難しい?高額になる子どもの教育費も学資保険で賢く準備!

今や2人に1人が大学へ進学する時代になりました。少子化傾向の影響もあってか、子ども1人にかかる教育費は年々増加傾向です。 ところで、子どもが幼稚園に入園してから4年生の大学を卒業するまでにいくらの教育費がかかるか、みなさんはご存知ですか?


幼稚園から大学まですべて公立だったとしても、なんと教育費の合計は1,000万円を軽く超えてしまうのです。「うわ~、教育費ってそんなにかかるものなんだ?」と、ビックリですよね。


子どもの教育費は、早い段階から計画的に準備しておきたいものです。でも、「1,000万円なんて教育費を準備するのは難しい!」と思う方も多いのではないでしょうか?


教育費を賢く計画的に準備する方法の1つに「学資保険」があります。学資保険は、毎月一定の保険料を支払い続け、子どもがある一定の年齢になったときに、まとまった給付金を受け取ることができる保険なのです。


最近の学資保険には様々なタイプのものがあり、教育費を準備するタイプの他にも子どもが病気やケガで入院・治療が必要になった際の保険も兼ねているタイプもあります。


「学資保険に興味はあるけれど、なんだか難しそう。」という方の為に、学資保険の特徴などについて分かりやすくまとめてみました。

  • 貯蓄性に優れている
    毎月一定の保険料を支払い続けることで確実にお金が貯まります。
  • 定期預金より利率が良い
    学資保険の中には返戻率が113%になるものもあります。
  • 税金面で優遇
    定期預金は控除の対象になりませんが、学資保険は税額控除の対象となります。
  • 保険料免除の措置
    学資保険の契約者である子どもの親が万が一、死亡してもその後の保険料が免除になり、支払い予定の給付金も予定通り受け取ることができます。

このように、学資保険には魅力的な特徴がたくさんあることが分かりますね。学資保険は、高額になる子どもの教育費を計画的に準備するのが難しい、という方のためにおすすめの保険ですが、学資保険だけで子どもの幼稚園から大学卒業までの教育費がすべて補えるわけではないのです。


あくまで、子どもにかかる将来の教育費を準備するための有効な方法の1つと捉えた上で、学資保険の加入を検討されてはいかがでしょう。

保険相談ランキング

このページの先頭へ