QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険相談は1度だけで
有料と思ってませんか?

結婚したら生命保険への加入を。そして相談を!

結婚は、多くの方にとって人生における大きなターニングポイントになると思います。「この人と一生過ごしていく」と決めて、籍を入れます。


そして、お世話になった方を呼び、結婚式や披露宴を行うというのは誰にとっても、幸せなことでしょう。ですが、同時に大きな責任感を伴うことになります。


当たり前ですが、夫婦が協力し合って生活をし、やがては子どもを育てていくことになるかもしれないのです。その際、十分な蓄えや備えができていないと、後にバタバタしてしまうことになります。


もちろん、そんなことになってしまえば、バラ色なはずの新婚生活は一転して、暗いものへと様変わり。また、子どものことなど考える余裕さえなくなってしまいます。


最低限の備えをしておくのはもちろん、万一のときを考えた手厚い保障も考える必要があります。見直すべきポイントは多いでしょうが、この記事では生命保険について書いていこうと思います。


結婚を機に、どのような生命保険に加入すべきかのヒントになれば幸いです。まずは、死亡保障について考えてみると良いでしょう。新婚当初は、ほとんどの夫婦が20代あるいは30代の方々でしょうから、「死」というものが実感しづらいのではないかと思います。


ですが、いずれかに万が一のことがあれば、当然、残された方は一人で暮らしていかなければなりません。がん、脳卒中、心筋梗塞を初めとする生活習慣病には若い方も多くかかっています。


当然、その中には命を落としてしまう方だっています。もちろん、そんなことは考えたくないでしょう。私だって考えるのは嫌ですし、できれば考えずにいたいです。


しかし、何の備えもせずに亡くなってしまったら、残された方は悲しみに加えて生活の苦しさまで味わうことになります。それはあんまりではないでしょうか。


そうしたことから目を背けず、しっかりと向き合いましょう。そして、死亡保険に加入しましょう。具体的には、最低でも300万円は入る保険をオススメします。


というのも、お葬式の費用や、当面の生活費を考えた場合、300万円ほどあれば、すぐに生活に困ってしまうということはないからです。


受取人の名義を配偶者のものにしておけば、遺産相続等でもめる心配もありません。自分にとって一番身近な方を守ることを考え、死亡保険への加入を検討してください。

保険相談ランキング

このページの先頭へ