QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険相談は1度だけで
有料と思ってませんか?

専業主婦でも保険相談は必要

結婚を機に生命保険への加入を検討されている方は多いでしょう。中でも、死亡保障については手厚いものを選びたいところです。


もちろん、どの方であっても、最大限手厚いものを選んだ方が良いのですが、家計のやりくりなども考慮すると、どうしてもそうは言っていられないという方もいるでしょう。


夫婦が共働きであれば、300万円ほどの死亡保障でお釣りがくるくらいの状態になるはずです。というのも、毎月の収入がある訳ですから、失業でもしない限りはすぐに生活に困るという方はいないと思われるからです。


実際、今や多くの家庭で夫婦共働きという状態になっているかと思います。やはり、片方の収入だけではなかなかやっていくのが大変でしょう。


私の家庭でも両親は共働きですし、実際、それでもなかなか生活は大変です。ただし、今でも片方のみが働いているという家庭は存在します。それも全く不思議ではありません。


ただ、そうした家庭の場合、ぜひとも気をつけてほしい点があるので、この記事では専業主婦がいる家庭をターゲットにしたものを書いていこうと思います。


専業主婦がいる家庭の場合、死亡保障は2000万円ほどを見積もっておく必要があると思います。当たり前ですが、それまで働いていなかった方であれば、配偶者の死後、収入源がなくなってしまうのです。


そうした場合、当面は貯金の切り崩しで生活しなくてはなりません。そうなった場合、予想以上に多くの出費がかかることになります。新しく仕事を始めるとしても、そこまでに時間が必要でしょう。


そのうえ、お金まで無くなってしまえば、焦りが生まれ、体をこわしてしまうかもしれません。そうした悪循環を断つ意味でも、向こう半年ほどは生活できるだけのお金を手元においておきましょう。


その際の目安となる額が2000万円ほどだと言われています。当たり前ですが、この額がないといけないわけではありません。あくまでも目安です。


もっと少ない額でも大丈夫だという方はいるはずですし、逆にもっと必要だと思う方もいるでしょう。具体的な金額は、各家庭に応じて変わってきます。


貯金がどれくらいあるのか、年齢はどのくらいか、資金面で支えてくれそうな方がいるのかなどを考慮したうえで、しっかりとした死亡保障に加入しましょう。愛する人の悲しい顔を見たい人はいないでしょうから。

保険相談ランキング

このページの先頭へ