QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険相談は1度だけで
有料と思ってませんか?

子どもがいるのならFPに相談してみよう。

昔は、結婚してすぐに出産するというパターンはあまりなかったという風に聞いています。物事には順序があり、まずは結婚をし、その後、お互いに余裕ができたら子供を作り、子育てに励むといったことが常識だったようです。


ですが、最近では結婚するより前に子どもがいるようなカップルも珍しくありません。また、結婚してすぐに出産することも稀ではなくなってきました。


当然、ライフスタイルの変化に合わせ、保険だって見直すべきでしょう。その時々に必要な保障を考えていくのが、保険というものの本質だからです。


とはいうものの、子どもがいる場合、具体的にどのような保険を考えていけば良いのでしょうか。なかなかイメージが湧かないという方もいるでしょうから、この記事ではその点を具体的に説明していきたいと思います。


子どもを1人育てるにあたって、最低でも1人当たり1000万円以上の出費がかかると言われています。あくまでも、これは最低額ですから、当然、塾代や私立の学校代などがかかると、もっと出費は増えます。


また、お子さんが2人以上いる場合は、当然、その頭数分だけ出費が増えることになります。そんな将来有望な子供であっても、皆さんにもしものことがあれば、夢を閉ざされてしまうかもしれません。


あまりにかわいそうな現実と言えます。実際、そのような事情から夢を諦めざるを得ないという方にも多く会ってきました。やはり、それはつらいですよね。


そうしたことに陥らないためにも、結婚を機に生命保険に加入しておくことを勧めます。額としては、子ども1人当たり1000万円以上の保障がついた死亡保障への加入が良いと思います。


もちろん、これは公立の学校に通わせることを前提にした額なので、早くからお受験等を検討されている場合は、もっと高額な保障をつけた方が良いと思います。


備えなくして夢への道はありません。逆に言えば、備えすぎて困ることはないのです。そうした点を踏まえ、必ず手厚い死亡保障に加入しておきましょう。


ただし、終身保険に加入する必要はありません。というのも、子どもの教育費というものは年々、減少していくものだからです。それを考えると、5年ないしは10年ほどで保険の見直しができるタイプのものが良いでしょう。


いわゆる「掛け捨て」と呼ばれるタイプです。それでも十分と言って良いほどの保障があると思うので、まずはそうした商品を検討してみてください。そのためにFPに相談してみましょう。

保険相談ランキング

このページの先頭へ